息子の成長を感じる出来事

もうすぐ7歳になる息子がそろそろ私が選ぶ服を着てくれなくなってきました。男の子が生まれた時点で可愛い服を着せる事、ママとお揃いの服を着る事は諦めましたが、せめて幼稚園までは、と騙し騙し私の好みの服を着せてきました。別に可愛らしい服を着せたいわけではなく、原色でアニメがデカデカとプリントされているのが苦手で、アースカラーが好きなのです。義母には子供らしくない色だと不人気ながら、聞こえないふりをしてきました。ところが小学生になり出来たクラスのお友達は二人のお兄ちゃんがいる超活発な子で、着ている服は100%スポーツタイプで原色ギラギラ、履いている靴はごつくて、これまた原色ギラギラと私の好みとは正反対です。どうか息子が影響されませんように、との願いも虚しく、僕もアディダスの青いTシャツが欲しい、ギラギラの靴が欲しいとすぐに言い出しました。あまりにしつこいので仕方なく今まで縁のなかったアディダスやらナイキの店を覗いてみて想像していたより高いのにビックリしました。お友達のスポーツウェアはきっとお兄ちゃんのお下がりで、3人着れば元が取れるけど息子はひとりっ子だし、などとけち臭い事を考えてしまいました。とりあえず原色を避け、汚れを覚悟で白いアディダスのTシャツを購入しました。靴は成長期の足には安物を履かせたくないので却下したら、お揃いがいいのに、とブツブツ文句を言っていました。こうしてだんだん親の手を離れて行くんだなあ、と思い寂しさが込み上げてきましたが、これも成長だと思って諦めるしかないようです。

http://xn--u9j9eg2cyb9krd4a4k4841dreye.jp/